こちらを見つめる女性

インド発祥

肩をほぐしてもらっている女性

アーユルヴェーダとは、インドにおける伝統医学の流れを組むマッサージで、サンスクリット語の生命であるアーユスと、知識や心理という意味を持つヴェーダが合わさった言葉です。
アーユルヴェーダが他のリラクゼーションと異なるのは、アーユルヴェーダが健康的で調和のとれた生活を送るための方法であるという点です。
普通のリラクゼーションは、その場その場で施術されるものですが、アーユルヴェーダは自分で身体を癒していく知識そのものなのです。
医学知識に生活の知恵や哲学といった概念を含む独特な世界観のあるもので、世界中の多くの人に愛されているリラクゼーション方法です。

アーユルヴェーダには、教えがあり、アーユルヴェーダ式のマッサージを学ぶ人はその世界観や基本理論を学ぶ事から始まると言われます。
しかし実際に施術がうける事の出来るサロンでは、そのような本格的な所もあれば、気楽に受けられるマッサージもあります。
オイルマッサージが行われており体質にあったハーブを調合されたマッサージが行われます。
マッサージによって、ハーブを含んだオイルが身体に吸収され、身体を健康にするという考え方がその根底にあります。
マッサージとは別に考え方として、心身浄化法があります。
心身浄化法はサンスクリット語ではパンチャカルマと言い、5つという意味のあるパンチャと行為という意味のあるカルマから成る言葉です。
催下法(ヴィレチャナ、下剤療法)、催吐法(ヴァマナ)、経鼻法(ナスヤ)、浣腸法(バスティ)、瀉血法(ラクタ・モクタナ)の5つの方法から成り、かなり本格的な施術だと言えます。

Copyright(c) 2015 身体が内側からキレイになる、おすすめのリラクゼーション. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com